ニキビや痕が気になっても大丈夫|安心の美容整形外科

婦人

痕が残る原因と種類

頬を触るレディー

ニキビができたら治療をして治すことができますが、治療方法によっては痕が残ってしまう可能性が高いです。痕が残ってしまうと今後の日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。もし、痕が残ってしまった場合は原因を調べて対処する必要があります。痕の種類は主に2つあります。1つは色素が皮膚に沈着するタイプです。茶色っぽくシミのように見える痕がある場合はメラニン色素が原因です。ニキビの原因は皮膚の炎症なので活性酸素が大量に発生して対処しようとします。対処するときにメラニン色素を必要以上に作り出してしまい、皮膚に茶色い色素を沈着させてしまいます。これが長期間続いてしまうと古いメラニンが排出されないのでシミとなり皮膚に残ってしまいます。シミになる場合はメラニン色素が原因と言えるでしょう。もう1つのタイプは毛穴を壊してしまいクレーターのようになるニキビ痕です。クレーターのように皮膚が凸凹になってシミと同じように見た目が悪くなってしまうでしょう。凸凹になってしまう原因は白血球とニキビの原因となる菌が戦った際に残る膿が、毛穴を壊してしまうことで凸凹ができてしまいます。皮膚の表皮だけなら時間が経てば治る可能性が高いのですが、奥のほうの真皮が傷ついてしまうと自力で修復することは難しいです。ニキビ痕ができた場合はビタミンCやアルブチンなどの肌に良い成分を大量に摂取することが大切です。また、美白化粧品なども活用すると良いでしょう。体外と体内から同時に治療することで治りやすくなります。しかし、酷いシミやクレータータイプのシミの場合は自力で治療するのは難しいです。そのようなときは美容整形外科で治療すると良いでしょう。美容整形外科ならどのようなニキビ痕でも治療してくれます。治療に必要な期間に関してはニキビ痕の状況によって大きく異なります。酷い場合はそれなりに治療期間が長くなり料金が高くなってしまうでしょう。できるだけ酷くならないうちに適切な治療を受けることが重要になります。自分に合った美容整形外科を見つけると良いでしょう。