ニキビや痕が気になっても大丈夫|安心の美容整形外科

婦人

レーザー治療の種類

カウンセリング

クレーター状のニキビ跡ができてしまった場合は自力で治療することはかなり難しいです。そのようなときは美容整形外科でレーザー治療をしてもらうと良いでしょう。レーザー治療はレーザーに含まれている成分で、ニキビ跡を消して正常な皮膚に戻してくれる治療方法です。ニキビ跡の状態や大きさに合わせて適切なレーザー治療をしてくれます。クレーター状の痕は熱と光が発するエネルギーを効率よく使用するレーザーを使用して治療します。特定のリズムでレーザーを痕に照射することで効果を発揮するでしょう。出血はしないので安心できますが少しだけ痛みを伴ってしまいます。どのくらいの痛みを伴うかわからない場合はカウンセリングの時点で医師に相談して確かめておくと良いでしょう。事前に確認しておかないと痛みに耐えられなくなって治療を中断してしまう可能性があります。水分に吸収されやすいレーザー治療もあります。この方法は痛みがないのでどのような人でも利用しやすいでしょう。皮膚を削ってそこから細胞を再生するように促して治療し、内側からキレイな肌を作り上げてくれるでしょう。レーザー治療をした後はかさぶたになってしまうので、数週間ほどは湿布やガーゼなどで患部を保護しなければなりません。人前に立つような仕事があるときはこの期間にレーザー治療をしないほうが良いでしょう。フラクショナルレーザーという方法でニキビ痕を消すことができます。肌に無数の穴を開けて傷をつけ、皮膚を入れ替える治療方法です。適切なやり方を用いることでキレイな肌を手に入れることができるでしょう。レーザー治療は便利な治療方法ですが人によっては痛みを感じやすい場合があります。麻酔で痛みを和らげることは可能ですが麻酔が痛い場合もあるので注意が必要です。光に弱い体質の人は受けることができない治療方法なので、そのような人は別の治療方法を探したほうが良いでしょう。レーザー治療をするには美容整形外科を利用する必要があります。医師の技術によって成功率が大きく変わるでしょう。